ロコモを予防して健康寿命を延ばそう

サイトご訪問ありがとうございます。健康寿命.png

今日、この年齢(69)で人生初めてブログにデビューしました。

「平均寿命が延びた」とは言われています。

しかし、私が目指すのは、自分で身の周りのことができることです。

日本体育学会が発表した標語「ピンピンコロリ」というものがあります。

病気などで苦しまず、元気に長生きして、コロリと死のうという意味だそうです。

実際は、亡くなるまでに介護を必要とする期間が10年前後もあるようです。

平均寿命と健康寿命の間には、なぜこれほどの差が生じてしまうのでしょうか。

骨や筋肉などの障害で、体を動かす能力が低下した状態のことを「ロコモティブ・シンドローム」(通称ロコモ)といいます。

ロコモが健康寿命を引き下げる大きな要因になっているようです。

最近は、ロコモを予防して健康寿命を延ばす対策が注目を集めています。

シニアライフにおいて、気付いたことなどの情報をお伝えしたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。


■関連情報■

毛細血管が健康寿命をのばし増やすが勝ち!
私たちの「血管」をつなげると、地球を2周半する長さになるそうです。
これは人体最大の器官と言われています。
その中でも「毛細血管」の働きの重要性を改めて知りました。
人は血管から老化するとよくいわれます。
スポンサーリンク


この記事へのコメント

スポンサーリンク