高齢化時代の「鉄道」と「道路」の課題!

人口減少で各地のローカル線が厳しい状況にあるようです。ローカル線.png
私の地元でも、経営が厳しい私鉄電鉄があります。
車内には、利用を促す広告やパンフレットが掲載されています。

全国的にローカル線が厳しいなか、新たに鉄道距離を伸ばす鉄道があります。
茨城県ひたちなか市の「ひたちなか海浜鉄道」(全長14.3キロ)です。
取り組みの一つに通学定期の大幅割引を行ったようです。
それによって沿線の高校生の利用が一気に増えたようです。
「地域の人が乗ってこそ、ローカル線の役割がある」と海浜鉄道社長は力説されていました。

スポンサーリンク


少子高齢化で、この先は通学定期を支える高校生の総数も減っていきます。
また、高齢者の運転による交通事故の影響で、「高齢者の免許返納」は強まるでしょう。
早めに運転を自重する人も目立つようです。
昔はクルマを運転していた人が、腰に負担がかかるので近年は電車移動にしたという声も。
高齢化時代では、「鉄道」と「道路」に、どう資金を投じるかが課題のようですね。

【関連情報】
高血圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす一因となる「ゴースト血管」。
ゴースト血管の原因は、加齢や糖分・脂肪分の過剰摂取などによってなっていきます。

毛細血管が健康寿命をのばし増やすが勝ち!
私たちの「血管」をつなげると、地球を2周半する長さになるそうです。
これは人体最大の器官と言われています。
人は血管から老化するとよくいわれます。

古くから滋養食材として親しまれ、スーパーフードとして脚光をあびる山芋。
その山芋に含まれる成分「ジオスゲニン」を高含有した『ジオフェルンZ』です。
クリアな毎日への有用性から、高齢化社会の切り札として注目されています。

この記事へのコメント

スポンサーリンク