「週◎納豆」で脳卒中の死亡リスクが3割減!

「納豆が脳卒中や虚血性心疾患の死亡リスクを下げる。」という情報です。納豆で健康.png
岐阜大学の研究チームが16年間追跡研究した結果が発表されていました。

納豆35gパックを週1~2回食べる人は、ほとんど納豆を食べない人にくらべて、脳卒中による死亡リスクが32%も低かったといいます。
納豆は昔から栄養価が認められ、今回その健康有益性が裏付けられました。

個人的ですが、昔は納豆が食べられませんでした。
健康に良いと聞いて、スーパーで購入しましたが、開けた時の臭いにビックリ!
腐っているものを売っている!と勘違いした経験が懐かしく思い出されます。

スポンサーリンク

 

納豆の健康に関する参考情報です

納豆は夕食に食べたほうが血液サラサラ
ナットウキナーゼは、血栓を溶かし、血液サラサラにしてくれる血栓溶解作用があります。
血液サラサラになると、心筋梗塞や脳梗塞、痴呆症などの予防になります。
科学的にも、納豆の効果は実証されており、医療の現場でも活用されています。
病院でも納豆を食事に出すところが増えてきているそうです。

納豆には免疫力を高めて風邪予防に凄い
納豆菌は、酸性の胃液にも負けずに腸内まで達して、善玉菌の働きで胃腸障害を予防します。
また、納豆菌の抗菌作用は、恐ろしいO-157などの病原性大腸菌、サルモネラ菌を予防。

納豆キムチの免疫力を軽く見ないで
最近、発刊された『免疫力をあなどるな!』 (サンマーク出版)に興味が引かれました。
著者の矢崎医師は、医療に携わるであれば、免疫力の重要性を口にするだろうと言います。
私たちの健康を左右する司令官役の免疫細胞を、矢崎医師は“ボス細胞”と呼んでいます。

この記事へのコメント

スポンサーリンク