血管を柔らかくして、見た目も中身も若返るぞ

年齢を重ねるにつれ、血管は硬くなっていくと言われています。血管年齢とは、血管の老化度合いの目安を示す指標です。血管内に様々な物質が沈着したりして、血液の流れが滞ってくるのです。 血管が硬くなると血液を受け止めきれず、血管に傷がつきやすくなります。それはいずれカサブタのようになり、「血栓」ができてしまいます。脳梗塞・心筋梗塞・狭心症に発展することもあるので、注意が必要です。最近では20代、30代…

続きを読む

ゴースト血管が危ない!かかと落とし運動で生きかえる

最近話題の「ゴースト血管」という存在を知りました。NHKスペシャル『ゴースト血管が危ない~ 』でも取り上げられました。 ゴースト血管は、毛細血管が無機能化したり、消失してしまう状態です。毛細血管が、幽霊のように消えてしまうことから、ゴースト血管といいます。 ゴースト血管の原因は、加齢や糖分・脂肪分の過剰摂取によってなります。番組では“かかと落とし運動”が、ゴースト血管の予防法で有効とのこと。…

続きを読む

フラメンコギターで健康寿命を延ばそう

近々『楽器は、健康寿命を延ばす!』と題したイベントが開催されるようです。このイベントでは、ピアノ演奏が「脳の活性化」につながることを解説しています。そして、心身にも好影響を与え、結果的に「健康寿命を延ばす」ことになります。 スポンサーリンク 脳の活性化に効く、楽器演奏私は、ピアノ演奏は出来ないので、若いころ「フラメンコギター」を習っていました。さっそくフラメンコギターを押し入れから引…

続きを読む

普段の歩幅プラス10cmで筋肉へ刺激を!

アクティブシニア「食と栄養」研究会が、役立つ情報を発信していました。普段の歩幅プラス10cmで筋肉を刺激し、老年症候群の予防に役立つようです。 (老年症候群とは、加齢による身体機能や精神機能の低下に伴い表出する転倒、骨折、尿失禁、認知症、うつ状態、低栄養、せん妄などの総称) ある世論調査では、男女ともに半分以上の人がウォーキングに取り組んでおり、年齢別では70代が70%以上取り組んでいま…

続きを読む

かかと落とし運動で「ゴースト血管」が生きかえる

高血圧や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす一因となる「ゴースト血管」という存在を知りました。4月1日に放送されたNHKスペシャル『ゴースト血管が危ない~美と長寿のカギ 毛細血管~ 』でも取り上げられ、話題を呼んでいるようです。ゴースト血管とは、全身の細胞に酸素や栄養を行き渡らせる毛細血管に、様々な要因で血液が流れなくなった結果、毛細血管が無機能化したり、消失してしまう状態なのです。毛細…

続きを読む

スポンサーリンク